高梁川流域連盟

高梁川流域連盟 > 特集 > 高梁川流域の指定文化財(史跡) > 高梁市 > 山中鹿介墓

山中鹿介墓やまなかしかのすけはか

 山中鹿助(1545~1578)は、雲州月山富田城うんしゅうがっさんとだじょう(現:出雲市広瀬町)の尼子氏に仕えた武将です。尼子氏が三代義久の時、毛利元就に滅ぼされ、鹿助は尼子勝久を擁して再興の兵をあげました。天正6(1578)年、織田信長の支援で播州上月城ばんしゅうこうづきじょうを攻略しましたが、毛利、宇喜多の連合軍に敗れて勝久は自害、鹿助は捕えられ、妻子、家臣60余名とともに毛利の本陣に護送中、阿井あいわたし)で討ち取られました。時に34歳でした。討死の場所には榎を植えて印としましたが、のちに洪水で流出しました。正徳3(1713)年、備中松山藩主石川氏の家臣前田時棟まえだときむね足軽あしがる佐々木軍六ささきぐんろくが現在の供養塔を建立しました。
 山中鹿助の首は鞆の浦(現:広島県福山市)に首塚として葬られており、胴体は落合町阿部地内に胴墓として祀られています。

totop