高梁川流域連盟

高梁川流域連盟 > 特集 > 高梁川流域の指定文化財(史跡) > 総社市 > 幸山城跡

幸山城跡こうざんじょうし

 幸山城は、福山の西北、標高164mの小山の頂上に立地します。三方が絶壁で、守りやすく攻めにくい天然の要塞ようさいとなっており、眼下に山陽道が一望できる良好な立地条件の下に築かれた山城です。
 鎌倉時代の後半に、庄左衛門しょうざえもん四郎しろう資房すけふさが築いたとされています。室町時代の中ごろには、庄氏から備中国の守護職にあった細川氏の配下の石川氏に城主が代わり、以後約150年にわたって居城していたとみられます。16世紀の後半には、備中松山城三村みむら元親もとちかと毛利氏の間に備中兵乱びっちゅうひょうらんと呼ばれる戦が起こり、幸山城はその舞台となった城の一つです。幸山城主石川いしかわ久式ひさのりは毛利軍に加わっていましたが、義理の兄弟に当たる三村元親と毛利氏が戦闘状態になると、三村氏を援護しました。しかし、松山城は落城し元親は切腹、久式も追い詰められ自害しました。その後、幸山城は、毛利氏と共に三村氏を攻めた小早川隆景に与えられましたが、江戸時代の初めには廃城となったようです。
 幸山城には、堀で仕切られたくるわと呼ばれる2つの区画壇があり、「西の丸」、「東の丸」と呼ばれています。

totop