高梁川流域連盟

機関誌「高梁川」第80号

高梁川流域連盟 > 主催事業 > 機関誌「高梁川」 > 機関誌「高梁川」第80号

目次

題目筆者
高梁川流域の自然フォトコンテスト 2021  
第22回高梁川流域高校生絵画展
特集「青春群像 令和の若者たち」
オリンピアンになれたのは増田 葵p.4
「渋沢栄一」と私の地元三宅 茉莉p.9
「私と地域」ー鴨方高校に通う日々からー宮原 愛実p.12
「ブルーベリーに未来を託して」石井 りせp.15
高梁城南高校との学科間連携を通じて時山 晏佳 田中 美優p.18
絆~つむぎ&いろは つないでいく伝統技術~県立新見高等学校生物生産科 生物調査畜産班p.22
地域活性化に向けた市議会への働きかけについて県立新見高等学校南校地p.31
地域と触れ合い、紡ぐ倉敷物語藤原 ちな実p.40
「矢掛を通して真備を想う」 他4編県立矢掛高等学校p.42
花ござピンポン世界大会について佐藤 恭誠p.46
プロゲーマーを目指して三木 天翔p.49
今の私が思うこと冨谷 志帆p.52
神楽に取り組む若者藤原 紫恩p.57
「学生ではないのだから」神門 優行p.59
総社市におけるスポーツ振興について岩本 龍人p.61
精思高校オリジナルHUGとSDGs谷田 紗也加p.63
私が感じた、素晴らしい国「日本」 他2編ワット・サシャ・ウイリアム
覀﨑 名那 𠮷澤 佳歩
p.70
白石踊の継承活動渡辺 陽p.75
子ども食堂で得た喜び吉田 由良p.79
「自分の可能性を広げた地域探究」大前 奈穂p.82
「倉敷ガラス」のCM作りを通して感じたこと渡邉 文奈p.85
人や文化の架け橋に中藤 浩文p.88
水島源平合戦尾崎 光p.90
どれだけ若者が離島の役に立たないか日置 幸p.93
私の夢を描く潮 嘉子p.98
若者群像三宅 範行p.108
《詩》 ぐちゃぐちゃ しあわせって原 鈴子p.114
《短歌》 酒蔵菊池 眞理p.116
《俳句》 思い出すまま・・・・・・大倉 白帆p.118
《川柳》 川柳が生まれる情景山本 菜津子p.120
マンガで知る高梁川流域人物伝 太田辰五郎こはらだひとみp.122
大原美術館 工芸館の創設柳沢 秀行p.132
100年前のスペイン・インフルエンザ
 ー岡山県の感染状況と大原孫三郎の先見性ー
原 武治p.148
犬養毅と西村丹治郎の決別をめぐって前田 昌義p.165
種田山頭火と玉島・円通寺中山 薫p.175
天明七年の塚村嘉伝太と西山拙斎
 ー時代認識としての「剥復」「休否」ー
別府 信吾p.182
吉備津彦伝説成立の歴史的背景についての考察武田 恭彰p.198
清水宗治ーその実像と虚像ー 前編畑中 良介p.210
金毘羅燈籠のある風景 その風景九
 ー矢掛下高末の燈籠と屋敷神の金毘羅燈籠ー
野田 和心p.220
“見果てぬ夢”の結晶
 ー「星尋51」は四国へー
大野 智久p.232
高梁川流域の火の見櫓岡本 泰典p.236
倉敷市真備町川辺の地名と小字について渡邊 隆男p.250
高梁川西岸河口部の干拓プロセス
 ー船穂村・長尾村の場合ー
小野 恭平p.264
金光図書館のメタセコイア
 ー生きていた化石 メタセコイアものがたりー
金光 英子p.280
忘れないで 8月6日佐々木 和子p.292
出版界のレジェンド 森谷均
 ー昭森社『本の手帖別冊』ー
水沢 葭子p.302
移ろいゆく雲を眺めながら綾能 綸子p.308
おかやま初発物尽くし(その三)佐藤 豊行 p.316
流域ニュース2022
〈新見市〉新見千屋温泉いぶきの里リニューアル~環境に配慮した癒し処~小坂 功己p.342
〈浅口市〉映画『とんび』のロケ地となった浅口市金光町大谷地区松井 寿子p.344
〈倉敷市〉倉敷市自然の家リニューアルオープンの意義白鳥 雅人p.347
表紙・中扉解説潮 嘉子p.350
高梁川流域連盟事業短信p.352
本誌の広告案内・機関誌「高梁川」バックナンバー・ホームページ紹介p.355
書店案内・あとがきp.356

機関誌「高梁川」第80号表紙

発行日:
令和4年12月15日
項 数:
356
価 格:
1,430円(税込み)
機関誌一覧に戻る
totop