高梁川流域連盟

機関誌「高梁川」第76号

高梁川流域連盟 > 主催事業 > 機関誌「高梁川」 > 機関誌「高梁川」第76号

目次

題目筆者
高梁川流域の自然フォトコンテスト2017  
<特集>「これからの○○――文明開化より150年――」
<特集>「これからの地方」大原総一郎における地域共生の思想――高梁川流域連盟から高梁川流域連携中枢都市圏まで――岩淵秦p.4
人生一〇〇年時代を生きる覚悟――これからの高齢者生活論――小林良久p.18
現代詩の未来――岡山の詩の世界 夢物語――重光はるみp.27
果てしない星への思い これからの星空大野智久p.36
里庄町里見の天満神社の秋祭り佐藤進p.36
これからの巨人軍室山浩司p.40
これからの小学校教育忠田正p.48
「これからのPTA」中村勇p.58
リレーポエム  
<詩>この町で田尻文子p.68
<短歌>高梁川を下る林良三p.70
<俳句>天の隅小林瞬夏p.72
<川柳>落合柳壇・回顧石原美光p.74
<漢詩>漢詩六首土屋照p.76
阿藤伯海――その人と文学――(没後の顕彰)定金恒次p.78
寛政三年の西山雪拙斎――京洛における「儒雅」――別府信吾p.89
福頼神社旧記について 前編畑中良介p.107
山吹の岡の山寺 笠岡真言宗光明山地福寺――笠岡地福寺文章の再発見――森下隆志p.127
土井晩翠から――薄田泣菫宛絵葉書資料――三宅昭三p.140
児島虎次郎三題
児島虎次郎と高梁川児島塊太郎p.152
「児島虎次郎~ふるさとに愛されて~」によせて成羽美術館でのギャラリートーク/td>児島慎太郎p.159
「児島虎次郎~ふるさとに愛されて~」を開催して渡辺浩美p.165
古代吉備豪族・苑臣の氏寺と大塚、そして土師中山薫p.168
文明開化の音がする 明治の黎明期を見つめた月琴水沢葭子p.176
坂本金弥の支援者 林醇平坂本昇p.185
随筆二題
冬の夜咄西林始p.195
違う同じ 備中(岡山)と讃岐(香川)の言葉三宅将晴p.197
総社市近郊の水害伝承・治水施設を訪ねて浅野智英p.200
お江戸上野広小路亭の講談教室創作講談・山田方谷橋本晃p.214
金毘羅燈篭 その風景六熊野神社のある中庄の燈篭野田和心p.225
ヒロシマの心の世界へ反核草の根運動の思い出井上久仁子p.235
倉敷にも豊洲あり!佐藤豊行p.244
大原焼宝殿の製作と信仰山本原也p.278
逸史「松山征討始末」高見彰p.288
コスモス街道から綾能綸子p.303
「地方的銀行合同の先駆者 大原孫三郎」その五――全国の先駆となる一県一行の中國銀行設立――高橋義雄p.315
流域ニュース2017  
<浅口市>浅口市指定無形民俗文化財「佐方ひがさき踊り」を伝承していく佐方ひがさき踊り保存会p.335
<矢掛町>矢掛町 本池秀夫 革の世界展戸田香緒里p.337
表紙・中扉解説「今を生きる」瓜生頼正p.339
高梁川流域マップの紹介 p.341
高梁川流域連盟事業短信 p.342
本誌の広告案内・機関誌「高梁川」バックナンバー・ホームページ紹介 p.345
書店案内・あとがき p.346

機関誌「高梁川」第76号表紙

発行日:
平成30年12月20日
項 数:
346
価 格:
1,300円+税
機関誌一覧に戻る
totop