高梁川流域連盟

高梁川流域連盟 > 特集 > 高梁川流域の指定文化財(建造物) > 矢掛町 > 福武家住宅(主屋・長屋門以外)

福武家住宅(主屋・長屋門以外)ふくたけけじゅうたく

 福武家住宅は安土桃山時代の大名・毛利氏の家臣・對馬つしまかみもとしげを祖とする旧家です。
 代々庄屋職をつとめていましたが、天保7(1836)年に大庄屋となり、嘉永2(1849)年に庭瀬藩のしょうになったと伝えられています。町指定文化財となっているのは、湯殿・厠・土蔵・水見櫓・土塀等敷地内の建造物です。

totop