高梁川流域連盟

高梁川流域連盟 > 特集 > 高梁川流域の伝統的な行事と芸能 > 矢掛町 > 貴布禰神社の夏祭り(輪くぐり)

貴布禰神社の夏祭り(輪くぐり)きふねじんじゃのなつまつり(わくぐり)

 貴布禰神社きふねじんじゃは、京都の貴船神社の祭神さいじんを元禄年間に分祀ぶんししたと伝えられ、代々、備中庭瀬藩板倉摂津守の代々の祈願所でした。戦中は、兵士の無事を祈願していました。現在は、病気回復を祈願しています。
 「貴布禰神社きふねじんじゃの夏祭り」は、総代を中心に地域住民が集まって、かやを束ねて輪を作り、その輪を潜り無病息災を祈りました。起源は、素戔嗚尊すさのおのみことが「もし悪病が流行した時、茅で輪を作り、これをつけていれば災難を逃れられる。」とお告げをした『備後風土記』の故事にちなんでいます。祭りは、旧暦の6月30日に行われていましたが、現在は8月第1土曜日に行われています。
 福頼様(矢掛町横谷)、道通様(浅口市寄島)と合わせて、備中の3大祈願所の一つです。江戸時代から岡山方面にも信者があり栄えておりました。道標みちしるべも建てられ、祭りには露店も多く出店され、にぎわっていました。
 現在は、地域住民や子ども会が中心となって、夕方から「茅の輪くぐり」、子ども相撲の奉納をしています。その後、盆踊りをして、夏の夜を楽しんでいます。また、地域住民の手で露店が出され子どもたちの楽しみとなっています。

totop